大量生産の熱処理治具の4つのステップ

14 11月, 2023

熱処理治具の大量生産の4つのステップ

熱処理治具は、金属部品を熱処理する際に固定、配置、支持するための工具であり、熱処理の効率と品質を向上させます。鋳造工場では、熱処理治具としてトレイ、支柱、ワッシャー、ケージ、循環ファンブレードなどが生産されています。

生産のステップは大まかに以下の通りです

01

設計熱処理治具

熱処理治具の形状、寸法、重量、材質、および熱処理要求に基づいて、適切な熱処理治具の鋳物構造と寸法を設計し、耐熱鋼や超合金などの適切な耐熱合金材料を選択します。

02

熱処理治具の鋳造

熱処理治具の構造形式、材質、および成形方法に基づいて、適切な金型の設計と製作を行います。

03

熱処理治具の造型と溶融鋳造

通常、砂型造型法を使用して熱処理治具を生産します。造型、合金材料の選定、溶融、鋳造、型箱の解体、砂の除去、切断および研磨を経て、熱処理治具の鋳物生産が完了します。熱処理治具の品質保証と検査方法

04

熱処理治具の検査

熱処理治具の外観品質、寸法および組み立て検査を行います。特別な要求がある場合は、試験片を用いた常温(高温)引張試験を行い、規範および標準に合致し、高温および重量の圧力に耐えられることを確認します。

熱処理治具の品質保証と検査方法

01

熱処理治具

熱処理治具は、熱処理工程で工件を固定、配置および支持するための工具です。熱処理治具の品質は、工件の熱処理効果および寿命に直接影響を与えるため、厳格な管理と検査が必要です。

02

適切な熱処理治具材料の選択

熱処理治具に使用される材料は、良好な耐熱性、耐食性、常温(高温)強度および靭性を有する必要があります。一般的に使用される材料には、耐熱鋼、ステンレス鋼、ニッケル基合金などがあります。

03

合理的な熱処理治具構造の設計

熱処理治具の構造は、できるだけシンプルで、堅牢で、軽量でなければなりません。また、工件の均一な加熱および冷却を保証し、変形や亀裂を減少させる必要があります。熱処理治具の構造は、熱膨張冷縮、酸化脱炭、ガス流動などの要素も考慮する必要があります。トレイは通常、格子構造を採用し、熱風の均一な分布および循環を維持します。

04

熱処理治具の製造および使用規範の厳格な実行

熱処理治具の製造過程は、図面要求および関連標準に従って行われ、その性能および寿命を確保します。熱処理治具の使用過程では、操作規程に従って実行し、定期的に清掃、保守および交換を行い、汚染や損傷を防ぎます。

05

効果的な熱処理治具の検査および評価方法の実施

熱処理治具の検査および評価方法には、外観検査、寸法測定、硬度試験、金相分析、非破壊検査などが含まれます。これらの方法は、熱処理治具の欠陥および問題を発見し、改良および最適化の根拠を提供します。


お問い合わせ


ジョウフシンは、鋳造業界の基準を超える製品を提供することに努めています。当社の高品質な金型は、木材、プラスチック、ポリスチレン、金属など、ニーズに応じたさまざまな材料で製造されています。さらに、幅広い鋳物サイズやパターンを提供できることを誇りに思います。 

私たちは、国内外の多くの業界にサービスを提供しています。対象業界は、機械五金部品、工作機械部品、航空宇宙部品、自転車部品、自動車部品など多岐にわたります。特定のプロジェクトをお探しの場合でも、一般的な質問がある場合でも、ジョウフシンの経験豊富なチームがいつでもお手伝いします。当社は、最も信頼される鋳造会社の一つであることを誇りに思っています。

皆様とお話しできることを楽しみにしています!以下の簡単なフォームにご記入いただくだけで、知識豊富なコンサルタントがすぐにご連絡いたします。

本站採用 reCAPTCHA 保護機制 隱私權條款 & 條款
單獨的電子郵件地址用逗號區分.