噴砂機部品の製造の6つのステップ

14 11月, 2023

大量生産噴砂機部品の方法

造型機を使用して砂型を作成し、金属液を砂型に注入して必要な部品の形状を形成します。噴砂機は鋳物表面を清掃・研磨するための装置であり、噴嘴、バルブ、ブレード、ライナー、ディストリビューター、コントロールケージなど、耐熱性、圧力耐性、高速運転に耐える部品が必要です。


噴砂機部品の生産プロセスは次の通りです:

01

第1段階

噴砂機部品の機能と仕様に基づいて適切な合金材料を選択します。異なる合金材料の選択は部品の性能とコストに影響を与えるため、市場の需要と競争力に基づいて決定する必要があります。

02

第2段階

適切な合金原料を配合し、溶解炉に投入して加熱、溶解し、所定の鋳造温度に達するまで加熱します。炉前分析により成分が規範に合致しているかを確認し、脱ガスと除渣作業を行って合金材料の清浄度と流動性を確保します。

03

第3段階

溶湯が出炉温度に達したら、砂型キャビティに注入し、迅速に冷却・凝固させて部品の形状と寸法を形成します。砂型には良好な澆口・冒口システム設計が必要で、気孔、砂孔、渣孔、縮孔およびミスランなどの鋳造欠陥を防止します。 

04

第4段階

冷却・凝固後の砂型を開放し、清掃して鋳造部品を取り出し、余分なバリやゲートを除去します。この段階では、切断や研削などの工具と装置を使用して部品の外観品質と精度を向上させます。

05

第5段階

金属部品に対して後処理を行います。例えば、熱処理、表面処理、機械加工などを行い、部品の強度、耐摩耗性、精度を向上させます。後処理の方法と程度は部品の使用環境と要求に基づいて決定されます。例えば、耐食性、防錆、耐摩耗性が必要かどうかなどです。

06

第6段階

鋳造部品の品質検査を行います。例えば、寸法測定、硬度試験、引張試験などを行い、部品が噴砂機の使用要件に合致しているかを確認します。品質検査の方法と基準は顧客の要求と規範に基づいて決定されます。例えば、国際的または国内の関連認証に準拠する必要があるかどうかなどです。

噴砂機部品の品質を確保する方法

噴砂機部品は鋳造工場の重要な製品の一つであり、耐熱性、圧力耐性、高速運転の性能を備えている必要があります。噴砂機の作業環境に適応するために、鋳造工場は以下の側面から品質を管理する必要があります:

01

材料選択

適切な合金材料を選択します。例えば、高クロム鋳鉄、高速鋼など、噴砂機部品の機能と仕様に基づいて選びます。合金材料の選択は部品の性能とコストに影響を与えるため、市場の需要と競争力に基づいて決定する必要があります。

02

金型設計

噴砂機部品の形状と寸法に合致する合理的な金型構造と造型方法を設計します。金型設計は溶湯の流動、充填、欠陥発生に影響を与えるため、部品の複雑さと精度に基づいて設計する必要があります。

03

鋳造パラメータ

適切な溶解温度、溶湯の脱ガスと除渣、澆注速度と時間を設定して、溶湯が迅速かつ均等に砂型キャビティを充填し、迅速に冷却・凝固することを確保します。 

04

後処理方法

適切な後処理方法を選択します。例えば、熱処理、表面処理、機械加工などを行い、部品の強度、耐摩耗性、精度を向上させます。後処理方法は部品の使用性能と外観に影響を与えるため、部品の使用環境と要求に基づいて選択する必要があります。

05

品質検査方法

適切な品質検査方法を選択します。例えば、外観検査、寸法測定、硬度試験、引張試験などを行い、部品が噴砂機の使用要件に合致しているかを確認します。品質検査方法は部品の合格率と顧客の信頼度に影響を与えるため、顧客の要求と規範に基づいて選択する必要があります。

お問い合わせ


ジョウフシンは、鋳造業界の基準を超える製品を提供することに努めています。当社の高品質な金型は、木材、プラスチック、ポリスチレン、金属など、ニーズに応じたさまざまな材料で製造されています。さらに、幅広い鋳物サイズやパターンを提供できることを誇りに思います。 

私たちは、国内外の多くの業界にサービスを提供しています。対象業界は、機械五金部品、工作機械部品、航空宇宙部品、自転車部品、自動車部品など多岐にわたります。特定のプロジェクトをお探しの場合でも、一般的な質問がある場合でも、ジョウフシンの経験豊富なチームがいつでもお手伝いします。当社は、最も信頼される鋳造会社の一つであることを誇りに思っています。

皆様とお話しできることを楽しみにしています!以下の簡単なフォームにご記入いただくだけで、知識豊富なコンサルタントがすぐにご連絡いたします。

本站採用 reCAPTCHA 保護機制 隱私權條款 & 條款
單獨的電子郵件地址用逗號區分.